So-net無料ブログ作成

長い間ありがとうございました [犬]

3月25日で葵は13歳になりました。

皮膚病も完治し、元気に13歳を迎えられたのですが・・・


4月5日に異変。

ごはん食べている途中で、突然座り込み、虚ろな表情。葵がごはん残したのは初めてのできごと!!今まで一度もなかった。

その後倒れこむように自分のおふとんの上に横になると同時におしっこを漏らしました。そして手足の先が異常に冷たい、


かなり心配したけど、次の日は何事もなかったように元気になり食欲もありました。

心配だったので一応動物病院で検査。


そして大変な病気が見つかってしまいました。

脾臓に腫瘍があり、そこから出血しておなかに血液がたまっているとのこと。手足が冷たくなったのは貧血をおこしたからということでした。


シェパードはこの腫瘍になりやすく、その70%が悪性ということです。高齢であり、手術はリスク高いのでお勧めしません、と言われました。つまり、もうどうしようもないってことです。


その後、調子のよい日と悪い日が繰り返され、かるく散歩できたのですが、だんだんと散歩する距離が短くなり、ついに家の近くで排泄してすぐに家に帰る、というような状況でした。

201905-4.jpg

201905-3.jpg


そして寝たきりに・・・食事も水を飲むのも排泄も寝たままでするようになりました。

私は家の近くのスーパーに買い物に行く以外はずっと葵の傍についているようにしました。夜は添い寝してました。


床ずれ防止マットとか、ふかふかのベッドとか、少しでも快適に過ごせるように準備しましたが、わずか数日使用しただけで・・・永眠してしまいました。

201905-2.jpg


「もう、行くね」って言うかのように私の顔を見つめ、そのまま目の焦点がぼやけて、ついに旅立ってしまいました。


13歳と2か月でした。



201905-1.jpg


蘭と葵はそれぞれ火葬後家に帰ってきています。

将来、私と一緒のお墓に入れてもらおうと思っています。大切な家族ですから。



201905-5.jpg

現在うちの庭には葵と同じ名前のバラ「あおい」がたくさん咲いています。1本の茎でブーケができるくらい花がいくつも付いてます。


201905-6.jpg

私がかってに「蘭ちゃんのバラ」と呼んでいる実生で育てたバラも大きくなりました。


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

皮膚病との闘い [犬]

しばらくお休みしていましたが、葵は元気です。

20190201-1.jpg



でも、皮膚疾患が半年以上も経つのになかなか治りません。獣医さんからは抗生物質とステロイド系の抗炎症剤を処方されていましたが、そのような薬を長期間飲ませていることに不安がありました。それら薬で、少し改善はみられたものの、完治にはいたらず、このような治療法を続けることに疑問を感じていました。さらに獣医さんからは薬用シャンプーを処方されていましたが、これを使用したらものすごい量のフケが出て、これはちょっとまずいと思い使用をやめました。


ということで、もう獣医さんや薬にたよるのはやめて自分で治そうと決心しました。

毎日一回イソジンで患部を洗う、週に一回シャンプー、外出するとき以外は袖付きの服を着せておく(とくに脇の下が痒みがひどくて自分でかきむしってしまうため)

特にひどい部分はヒビクス軟膏を使用する。

シャンプーは人間の薬用シャンプーを薄めて使用しています(持田製薬のコラージュフルフルネクスト)


20190201-5.jpg


このような方法で脇の下とお腹はだいぶ良くなって、痒みが改善されています。

でも、今度は後ろ足が痒くなってしまって、自分でガジガジ噛んだりなめたりするので、症状が悪化してしまいました。

足首から上ならば薬を塗って、なめたりガジガジしないように包帯を巻いて保護できるけど、足の甲の皮膚がひどい状態になっているので、そういう処置はできません。

大型犬のエリザベスは大きいので狭くて障害物が多い我が家で使用するのはちょっと無理。


それで、足の甲を保護するために犬用のくつしたを買ってみましたが、一番大きいサイズでも少し小さすぎてきつくてかわいそう。それで以前ブログでお見せした私が編んだくつした(私とお揃いのくつした)を使用することにしました。

買ったけど使えなかった市販のくつしたの滑り止め部分を切って手編みのくつしたの裏に貼り付けようと思います。

20190201-2.jpg

20190201-3.jpg

20190201-4.jpg


こんな方法でしばらく様子を見ます。

来月、葵は13歳になります。高齢のため免疫力が落ちているので、なかなか治らないのでしょう。でも完治めざしてがんばります。

タグ:シェパード
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ドッグドッグ [犬]

人間ドッグの犬バージョン

最近、葵が元気ないので、ほんとうに心配になり、ドッグドッグを受けさせました。私自身は人間ドッグやってないですが・・・


結果はほとんど異常なしで健康でした[ぴかぴか(新しい)]

安心[るんるん][るんるん]



強いて悪いところと言えば、少し背骨に変形しているところがありましたが、加齢が原因でしかたないそうです。股関節は今のところ大丈夫だけど、少し心配なので、グルコサミンなどのサプリメントを利用してはどうか、と言われました。サプリメントは今まで考えたことありませんでした。




先日、久しぶりに蘭と葵が生まれた訓練所に行ってきました。そこはかつて葵の母と葵と蘭の3頭で仲良く追いかけっこしたり、プロレスごっこしたり、楽しい時を過ごした場所です。

きっと葵は喜んでくれると思って連れて行きました。


以前は訓練所へ行くときはいつもテンション上がりっぱなしで、そこへ向かう車の中でも大騒ぎしてはしゃいだものでした。


でも、今回葵はずっとテンション低いままでした[もうやだ~(悲しい顔)]

顔見知りの訓練士さんにハグされても嬉しそうでもなかったし、グラウンドに出しても走ったり歩いたりせず、寝ころんでました(暑さのせいもあった)。

スタッフさんには、「毛艶いいね」「年齢のわりにはしっかりしている」などとほめられましたが。



葵は、ときめくものがなくなってしまった?

人間だけではなく、知能の高い動物にとって、ときめくものがないって、それは悲しすぎる・・・


蘭の場合は高齢になっても楽しいことがたくさんありました。

近所の人と仲良くなってかわいがってもらったし、猫の友達もいたし、散歩で会う小さな犬とも仲良くできたし。蘭には笑い顔がありました。


葵は蘭とは違って、家族以外の人間には心を開かないし、散歩で犬と会うと背中の毛が立つし、猫を見れば敵対視するし・・・

若いころは容姿端麗でドッグショーにも出ていたし、知能も高くて、人間でいえば才色兼備っていうのでしょうね。外見だけでなく内面的にも典型的シェパードで、警戒心が強くてご主人様だけに忠実。ご主人様以外の人に媚びを売らない。




葵は私の傍にいることが幸せなのかな?と思って、(すぐに飽きてしまうけど)ボールで遊んであげたり、紙飛行機作って飛ばしてみせたり、マッサージしたり、いろいろくふうして少しでも楽しんでくれるよう心掛けています。




「蘭ちゃんコーナー」

庭で咲いていたバラ「レディエマハミルトン」を一輪飾りました。

エマハミルトンというのはイギリスの軍人ネルソン提督の愛人で、すごい美人だったようです。このバラは香りがすばらしいので大好きです。蘭も好きだったと思います。

エマハミルトン.jpg








nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

つまらなそうな葵 [犬]

蘭が亡くなってから、葵はすっかり元気をなくしています。いつもつまらなそうな顔。

姉であり相棒でもあり、いつも一緒にいた蘭がいないのですから淋しいよね。


葵もすでにシェパードの平均寿命越えていると思うので、私は毎日葵に「長生きしてね」って話しかけています。

葵ひとり.jpg

(若い頃の蘭によく似てるね)



蘭が亡くなったとき、葵は蘭の顔に自分の顔をくっつけて寄り添っていました。私以上に葵は悲しいのかもしれない。





庭には蘭が好きだったホタルブクロがたくさん咲いています。花が好きだったのではなくて、葉っぱを食べるのが好きだったのですが。特に春先の若葉がおいしいらしいです。よく葵といっしょにホタルブクロの葉をむしゃむしゃ食べていました。

ホタルブクロ.jpg

蘭ホタルブクロ.jpg



蘭はご近所のアイドルだったので、亡くなってから、私が葵だけ連れて散歩しているのを見て、「蘭ちゃんどうしたの?」って訊かれます。蘭が亡くなったことを話すと、「蘭ちゃん、かわいかったよね」とか「いい子だったよね」って、皆さん言ってくださいます。

突然亡くなったのは、私に介護の苦労をさせないための蘭ちゃんの最後の孝行だったのでしょう、と言ってくださった方もいます。

ほんとうにやさしくて甘えん坊でかわいい子でした・・・


[犬]今日のワンごはん


野菜入りハンバーグ


今日は人間の献立がハンバーグだったので、ひき肉を半分葵用に分けておき、玉ねぎの代わりにキャベツ・人参・パセリのみじん切りを入れてハンバーグ作りました。ブロッコリーも大好きです。

ワンごはんハンバーグ.jpg




nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

蘭、ありがとう [犬]

それは本当に突然の出来事

私の最愛の蘭が亡くなってしまった[もうやだ~(悲しい顔)]


朝も夕方も普通に散歩して、朝食も夕食も普段通りおいしそうに完食してくれて

いつもの通り居間で私の傍で眠っていたのに


気付いたときには、やけに呼吸が早く荒くなっていて、時々寝たままで頭を上げてはバタンと頭を床に打ち付けるようなしぐさを何度も繰り返していた


いやな予感がして、「蘭、蘭!」と呼んだけど目の焦点が合っていない、すでにその瞳は何も見ていなかった。

舌が口の横から力なく出たままなので私が口の中に押し込もうとしてもまた出てきてしまう

鼻先と手足の先が異様に冷たくなっていた。




何がおこっているのか傍で見ていた葵は理解しているようだった。



蘭の呼吸が止まった


らん、らん、らん、と、何度も何度も何度も呼んだけど、もうダメだった




葵は蘭に寄り添い、顔を蘭の顔に摺り寄せていた

葵にはわかっていたんだね

私には突然のできごとで、悲しいというより現実感がないというか信じられないというか・・・



後ろ脚が弱っていることばかり心配していたけど、循環器系も消化器系も弱っていたのかもしれない

来年からバースデイケーキのロウソクを一本ずつ増やそうとか、寝たきりになった時の介護方法とか考えていた。歩けなくなったら蘭が乗れるようなカートを買わなくちゃ・・・とか、おむつも必要になるか・・・など、先々のことばかり考えていた。私ってバカみたい・・・



別れのことなんて考えていなかった、いつかはやってくる日だけどまだまだ先のことのような気がしていた、それほど蘭は元気だった。でもG.シェパードの15歳って、かなりの高齢に違いない。

寝たきりになっても介護が大変になったとしても、もっともっと一緒にいてほしかった。



葵はしょんぼりして、元気がなく、私から離れず、すっかり私のストーカー状態になってしまった。淋しいね。淋しいけど、現実を受け入れるしかない。



葵を悲しませないようママが元気にならなくちゃ・・・


蘭ありがとう.jpg













nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

蘭、15歳になったよ [犬]

蘭がついに15歳の大台に突入。

蘭と葵が生まれた訓練所(シェパードのブリーダーでもあります)では、シェパードは10歳で'年寄り'、11歳で'長寿'なんて言われていました。その基準だと蘭は超長寿ということになりますね。


さすがに最近は後ろ足が弱ってきて、立ち上がる時や階段の昇り降りでふらついていますが、がんばって毎日30分くらい散歩しています。前回の記事でウンチもらしたこと書きましたが、あの時、一回だけで、その後はおもらししていません。

視力、聴力も問題ないです。後肢が弱くなったことと下痢しやすくなったことを除けば健康体です。


蘭葵201804-1.jpg

散歩コースにタンポポがたくさん咲いていました


蘭葵201804-3.jpg

後ろ脚が弱っているせいか、こんなふうに座ることが多いです。


蘭葵201804-2.jpg

蘭と葵、シンクロ昼寝




誕生日メニュー

お菓子・ケーキ作りは得意ではないですが、15歳大台の誕生日なので頑張ってケーキ焼いてみました。

16㎝のケーキ型でつくりました。

材料:薄力粉、ベーキングパウダー、豆乳、卵、はちみつ(ごく少量)、水切りしたプレーンヨーグルト

トッピングはカボチャ、チーズ、蒸し豆


ロウソクは5本しかなかったので、これで我慢してもらいました[ふらふら]

RANNとカボチャで描いたのですが、わかるでしょうか?


蘭葵201804-5.jpg



まずは少し小さめにカットして蘭と葵に食べてもらいました。


蘭葵201804-6.jpg

小麦粉メインなのですが、喜んで食べてくれるかな?


蘭葵201804-7.jpg

写真撮るよー、と言うと、葵はきちんと座ってまっていますが、蘭は我慢できずにソワソワ。早く食べたいんだね。

私が食べてみたところ、味がなくておいしくありませんでしたが、蘭と葵は喜んで美味しそうに食べてくれました[わーい(嬉しい顔)]

メインの食事はビーフシチューにしました。食べ応えあるように、肉・野菜は大きめにカットしてあります。


蘭葵201804-4.jpg


若いころは30Kg以上あった体重は現在27Kg くらいに減っています。それでも私一人では持ち上がらないので、後ろ脚がさらに弱くなって自力で起き上がれなくなった場合、なんらかの方法を考えなければなりません。犬用の介助・介護用品のカタログ見て今から心の準備しています。まだしばらくは大丈夫だと思いますが。

いずれこのブログのサブタイトル「シェパード姉妹の成長記録」は「シェパード姉妹の介護記録」になるかもです。







タグ:シェパード
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

犬心 [犬]

先日「犬心」という本を読みました。

著者が14年間共に過ごした愛犬、ジャーマンシェパードのタケの介護、それと並行して著者のお父さんの介護と死がメインテーマ。著者は米国に移住していますが、お父さんは日本に住んでいるので遠距離介護です。

こういうテーマはとかく重くて悲しい話になりがちだが、この本は悲壮感はなくて、ユーモアあふれる文章、感動的なエピソードもあり、笑ってしまったり、ほろりとさせられたり・・・

年老いたシェパードの介護について書かれている本だったので読みましたが、おもしろくて一気に読んでしまいました。星5つです。特に大型犬の老犬を飼っている方にはお勧めです。

タケは13歳ですでにウンチをもらすようになって、ウンチまみれになった話が頻繁に出てきます。でもそれが愚痴っぽくなくてユーモラスに語られています。「ウンチ」という言葉が満載です。

日本に住むお父さんの死の直前まで寄り添っていた犬(シェパードではありませんが)の話も感動的でした。


犬心 (文春文庫)

犬心 (文春文庫)

  • 作者: 伊藤 比呂美
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 文庫

我が家の蘭は、もうすぐ15歳になりますがが、先日、はじめてウンチもらしました!

朝、夫が「ねえねえ・・・ちょっと来て」と意味深に呼ぶので行ってみると、蘭が寝ていた布団(私の布団です)の上にウンチがコロンと一個落ちていました。

ちょうど「犬心」を読んだばかりだったので、「歳をとればこういうこともあるよな・・・」と、妙に納得。




2018桜蘭葵.png

散歩コースにある八重桜。一本の木に白、ピンク、赤の花が混在して咲いています。






nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

葵、12歳になりました [犬]

葵が12歳の誕生日を迎えました。

シェパードの12歳というのは、けっこう高齢だと思いますが、葵はまだまだ若いです。

おもちゃで遊ぶし、ボール投げ好きだし、(私に対してだけですが)コミュニケーション能力というか表現力が豊かです。

(ちなみに、私が家にいない時は、ずっと寝てばかりで、夫には何も言わないし、何も要求しないとのことです。)


誕生日のワンご飯はステーキでした。質より量で、一番安いステーキ用の牛肉でしたが・・・

いつもながら、葵はいっきに食べてしまって味わっているとは思えなかった[もうやだ~(悲しい顔)]

2018蘭葵3.png


葵とは対照的に、蘭はちゃんとわかって食べてましたよ[わーい(嬉しい顔)]。肉を少し食べて、次はサツマイモ(団子状にしてみました)を一個たべ、おにぎり(チーズと小魚入り)を一個食べ、ブロッコリー、また肉を食べる・・・というふうに、上手に味わって食べていました。


超高速で食べてしまった葵は蘭のごはんを狙うので、蘭が食べ終わるまで私がそばで監視して蘭がごはんを横取りされないよう守ります。これはいつものことです[ふらふら]


今日は暖かくて気持ちの良い日でした。散歩コースにある菜の花畑で写真撮りました。

2018蘭葵2.png


来月は蘭はいよいよ15歳になります。現在のところいたって元気です。


2018蘭葵1.jpg

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

2018正月 [犬]

昨年は私も犬たちも健康面でいろいろありましたが、2018年は家族全員が元気に過ごせればと願っています。

昨年は、蘭は膀胱炎や下痢で何度か獣医さんのお世話になりましたし、葵は足の皮膚に炎症が生じて現在も治療中です。

人間も犬も高齢になるといろいろな部分に障害が生じやすくなるのはしかたないことです・・・

蘭はあと4ヶ月で15歳になりますが、現在は健康で、毎日30分以上散歩しています。


葵は足の患部を自分でなめたり噛んだりしてしまうため、足に包帯を巻いて保護しています。毎日消毒して包帯を取り替えますが、葵は特に嫌がることもなく、おとなしく包帯巻かれています。


葵皮膚疾患.jpg

葵。両足の包帯が痛々しいですが、本人はあまり気にしてません。



蘭葵2017年12月.jpg




nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

蘭、膀胱炎 [犬]


またまた久しぶりの更新です。

7月下旬から、こんなことがありました・・・


じつは、7月末頃から私は神経系の疾患に掛かり現在も左足がしびれた状態です。こういう時、困るのは犬の散歩です。

私が散歩できない時は、旦那さんが散歩に行ってくれますが、やはり蘭と葵は私と行きたいのだと思います。「ママは行かないの?」と寂しそうに私の顔を見ます[もうやだ~(悲しい顔)]


最近は私も少し良くなったし、蘭と葵は気を使ってゆっくりと私の歩調に合わせて歩いてくれるので、体調の良いときは家の近所を散歩してリハビリしてます。


このように私が健康状態でトラブっているときに、先月のこと、蘭が突然血の混じったおしっこするようになりました。頻繁に少しずつおしっこして、血液が少し混じっている状態から徐々に血液の濃度が高くなっていくような嫌な兆候でした[がく~(落胆した顔)]



獣医さんには膀胱に腫瘍があるかもしれないといわれましたが、とりあえず抗生物質を飲ませて様子をみることに。

この薬がよく効きまして間もなく症状がなくなり、さらに、いままで頻繁におねしょしていたのに、ほとんどしなくなりました[わーい(嬉しい顔)] スッキリです!

私はおねしょは高齢によるものと勝手に思いこんでいましたが、膀胱炎が原因だったのかもしれません。


膀胱に腫瘍があるのか検査が必要とおもいますが、現在のところいたって元気です。食欲もあるし、散歩も30分以上歩きます。14歳5か月のシェパードとしては、かなり優秀なのでは?



今回は蘭がペットシーツでおしっこしたので僅かな血液に早く気付くことができラッキーでした。家の外でおしっこしたら早期発見できなかったでしょう。犬も高齢になると健康状態に問題が出てくることが増えると思うので人間がしっかり見ていてあげなければ・・・そして、犬たちを悲しませないためにも飼い主が健康でなければいけません。



[晴れ]


今年も庭で栽培している綿の収穫がはじまりました。


蘭201709.jpg

これからたくさん収穫できる予定。




nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。