So-net無料ブログ作成

皮膚病との闘い [犬]

しばらくお休みしていましたが、葵は元気です。

20190201-1.jpg



でも、皮膚疾患が半年以上も経つのになかなか治りません。獣医さんからは抗生物質とステロイド系の抗炎症剤を処方されていましたが、そのような薬を長期間飲ませていることに不安がありました。それら薬で、少し改善はみられたものの、完治にはいたらず、このような治療法を続けることに疑問を感じていました。さらに獣医さんからは薬用シャンプーを処方されていましたが、これを使用したらものすごい量のフケが出て、これはちょっとまずいと思い使用をやめました。


ということで、もう獣医さんや薬にたよるのはやめて自分で治そうと決心しました。

毎日一回イソジンで患部を洗う、週に一回シャンプー、外出するとき以外は袖付きの服を着せておく(とくに脇の下が痒みがひどくて自分でかきむしってしまうため)

特にひどい部分はヒビクス軟膏を使用する。

シャンプーは人間の薬用シャンプーを薄めて使用しています(持田製薬のコラージュフルフルネクスト)


20190201-5.jpg


このような方法で脇の下とお腹はだいぶ良くなって、痒みが改善されています。

でも、今度は後ろ足が痒くなってしまって、自分でガジガジ噛んだりなめたりするので、症状が悪化してしまいました。

足首から上ならば薬を塗って、なめたりガジガジしないように包帯を巻いて保護できるけど、足の甲の皮膚がひどい状態になっているので、そういう処置はできません。

大型犬のエリザベスは大きいので狭くて障害物が多い我が家で使用するのはちょっと無理。


それで、足の甲を保護するために犬用のくつしたを買ってみましたが、一番大きいサイズでも少し小さすぎてきつくてかわいそう。それで以前ブログでお見せした私が編んだくつした(私とお揃いのくつした)を使用することにしました。

買ったけど使えなかった市販のくつしたの滑り止め部分を切って手編みのくつしたの裏に貼り付けようと思います。

20190201-2.jpg

20190201-3.jpg

20190201-4.jpg


こんな方法でしばらく様子を見ます。

来月、葵は13歳になります。高齢のため免疫力が落ちているので、なかなか治らないのでしょう。でも完治めざしてがんばります。

タグ:シェパード
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。