So-net無料ブログ作成

犬心 [犬]

先日「犬心」という本を読みました。

著者が14年間共に過ごした愛犬、ジャーマンシェパードのタケの介護、それと並行して著者のお父さんの介護と死がメインテーマ。著者は米国に移住していますが、お父さんは日本に住んでいるので遠距離介護です。

こういうテーマはとかく重くて悲しい話になりがちだが、この本は悲壮感はなくて、ユーモアあふれる文章、感動的なエピソードもあり、笑ってしまったり、ほろりとさせられたり・・・

年老いたシェパードの介護について書かれている本だったので読みましたが、おもしろくて一気に読んでしまいました。星5つです。特に大型犬の老犬を飼っている方にはお勧めです。

タケは13歳ですでにウンチをもらすようになって、ウンチまみれになった話が頻繁に出てきます。でもそれが愚痴っぽくなくてユーモラスに語られています。「ウンチ」という言葉が満載です。

日本に住むお父さんの死の直前まで寄り添っていた犬(シェパードではありませんが)の話も感動的でした。


犬心 (文春文庫)

犬心 (文春文庫)

  • 作者: 伊藤 比呂美
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 文庫

我が家の蘭は、もうすぐ15歳になりますがが、先日、はじめてウンチもらしました!

朝、夫が「ねえねえ・・・ちょっと来て」と意味深に呼ぶので行ってみると、蘭が寝ていた布団(私の布団です)の上にウンチがコロンと一個落ちていました。

ちょうど「犬心」を読んだばかりだったので、「歳をとればこういうこともあるよな・・・」と、妙に納得。




2018桜蘭葵.png

散歩コースにある八重桜。一本の木に白、ピンク、赤の花が混在して咲いています。






nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。