So-net無料ブログ作成

綿の収穫 [花]

5月の連休明けに綿の種を蒔き、それが花をつけたことは前に記事にしましたが、先月の末、はじめて実がはじけて綿が出現しました。

綿の実

コットンボール4.jpg

実がはじけて綿が出てきたところ

コットンボール2.jpg

綿って、こんな風にできることがわかってなんだか嬉しいです。

はじめて収穫した綿。

コットンボール3.jpg

その後、台風の直撃もなく順調に毎日少しずつ収穫量が増え、現在収穫のピークを迎えています。雨に濡れたり汚れたりしないよう、綿が見えてきたものはすぐに切り取って、家の中で乾燥させています。

コットンボール1.jpg

この後、糸にする予定。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

苔玉 [花]

最近、園芸店などで苔玉をよく目にします。流行っているみたい。

先日、東急ハンズに行った時、紅葉やマツや山野草など和風の植物のかわいい苔玉がたくさん販売されていて、買ってみようかとかなり悩んだ末、自分で作ってみようという結論に達して、材料の苔(はい苔)だけ1パック買ってきました。

作り方はネットで調べました。けと土(ねっとりした土)と小粒の赤玉土を7:3くらいに混ぜてこねて、土団子を作り、中央をへこませて凹にして、中に植物を植え込みます。そして土団子を苔でくるんでテグスでまとめます。

苔玉1.jpg

土団子に植物を植えたところ。この後、苔をはります。

急に思いついて作ったので、植物は用意できていなかったので適当に探しました。

苔玉3.jpg

泥団子に苔を貼り付けたところ。市販の苔玉みたいにぴったりとはくっついていませんが、これで良しとしました。

苔玉を置く皿もこだわりのものを使いたいところです。

昔、陶芸教室に通っていたときに私が作った木の葉型の容器があったので、それに苔玉を入れてみました。

苔玉2.jpg

昨年クヌギのどんぐりを埋めておいたら芽がでて順調に成長していたので、これも1本苔玉にしてみました。コーヒーの木みたいです。

苔玉8.jpg

左:クヌギ   後ろ:シルクジャスミン  右手前:庭に生えていた何だかわからない植物

1パックの苔(500円)を使い切って、合計3個できました。

苔玉4.jpg

苔玉7.jpg

この小さなシルクジャスミンは花が咲くまでに成長できるのだろうか?クヌギは大きくなれるのだろうか?と心配ではありますが、机の上に飾っておくと、なかなかかわいくて良い感じです[黒ハート]

蘭も葵も元気ですが、日中は暑いので冷房がきいた部屋でほとんど寝ています。


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

綿の花 [花]

今年はワタを育てることにチャレンジしています。

5月の連休明けに種をまきました。

蘭葵2016-7.jpg

現在大きいものは1メートル以上に育っています。発芽率は100%でしたが、双葉の時に虫に食われてなくなってしまったり、少し大きく育ってから、強風にあおられて茎が折れてしまったものもありました。

現在12本が無事育って、つぼみがたくさんついています。

昨日、ついに初めて花を咲かせました。

綿の花.jpg

ワタの花を見たことない人が多いと思いますが、ワタはアオイ科の植物で、ハイビスカス、フヨウ、タチアオイなどと同じ仲間です。花を見るとそれが良くわかります。

ちなみに、うちの葵ちゃんの名前を決めた時、「蘭」と同じように漢字一文字の花の名前、ということで「葵」にしました。アオイ科のかわいい花を連想してつけた名前です。

私が育てているワタは茨城県産和綿で、花の中央が濃い紫色ですが、米綿の花は黄色一色だそうです。

花は1日だけで終わってしまって、萎れた花はピンク色になります。約1ヶ月後に綿ができるということなので、楽しみにしています。

ワタを育ててどうするのか?って訊かれますが・・・

綿を収穫して布団を作ろうとか、そんな大それたことは考えていません。私が育てている綿の量では小さな座布団さえできませんよ。

何に使うかは後々報告したいと思います。

[犬][犬]

今日のわんごはん

稲庭うどんと鯖のサラダ

いなにわうどん.jpg

お中元に「いなにわうどん」をいただきました。じつは、昨年の暮れにお歳暮で同じものをいただいて、それが消化できずにまだ残っています。賞味期限はまだまだ先なので、蘭と葵にも協力してもらうことにしました。

蘭と葵2頭分で約100g(乾燥重量)の稲庭うどん使用しています。今日は鯖が安かったので、わんごはん用に買いました。鯖は半身2枚をオリーブオイルで焼いてほぐしています。骨は除きました。

稲庭うどん、鯖、オリーブオイル、キャベツ、カボチャ、ミニトマト(家庭菜園でとれました)、スイスチャード、鰹節、すりゴマ

食後のデザート:枝豆、ガム(歯磨きの代わり)


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

カトレア [花]

蒸し暑くていやな季節ですが、現在夏咲きのカトレア(グリーン系)が咲いています.今年は春が短かったせいか4~5月に咲くはずの春咲きのカトレア(ラベンダー系)も今頃一緒に咲いています。

カトレア1.jpg

この品種,ふつうは一本の茎に2~3個花がつきますが,今年は5個もついていました.

本来、こんなふうに咲きます↓

カトレア7月.jpg

カトレア.jpg

このカトレア、すでに30年くらい毎年咲いています。私の管理が悪くても咲いてます。カトレアは品種によってかなり育てやすさが違います。うちにはたくさんカトレアありますが、これが一番育てやすいです(C.Irene Finney 'Z905')

[犬][犬]

蘭と葵は今日もこんな風にシンクロして寝てました。ほとんど布団からはみ出しているのになぜか一緒にならんで寝ます。他にも寝る場所あるのですが。

シンクロ.jpg

今日のわんごはん

グラタン風.jpg

鶏胸肉と野菜(ブロッコリー、トマト、ジャガイモ、セロリ)を蒸して、オリーブオイルで和え、チーズを少しのせてあります。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

夏に咲く蘭 [花]

うちには夏咲きのカトレアがいくつかありますが、今年はどれも咲かないようです。私の愛情がたりなかったのでしょう。

でも、毎年必ず5月に咲いていたこの蘭は今頃咲きました。例年花は2~3個ついていましたが、今年は6個も咲きました。

下向きに咲くので下から撮りました。

 

 Ency. mariae

エンシクリア マリエ という名前です。華やかさはありませんが、清楚でかわいいので気に入っています。中南米に自生している蘭らしいです。

 

 

 

蘭と葵は・・・

 

すこし涼しい時間には2人で狭いお布団の上でくっついて寝ています。そんなにべったりしなくても・・・と、思いますが。

このママの手作りふとん、おおかたの予想に反して、現在のところ無傷です。このまま大事に使ってほしいものです。

 

暑くなると、やはり床の上が気持ち良いようです。また、左右対称のポーズだわ。

 

 

 

 


nice!(19)  コメント(19) 
共通テーマ:ペット

ひょうたん [花]

少し前にホームセンターで千成ひょうたんの苗を見つけ、なんとなくなつかしさを感じて買いました。プランターに植えて支柱も立てました(なぜプランターに植えたのか後でわかります)。

今、次々と花が咲いています。私はひょうたんの花は初めて見ました。

雄花(裏側)

            雌花

 

 

ひょうたんの花は夕方開き始めて、翌朝6時くらいにはしぼんでしまいます。でも2~3日すると枯れた雌花の下がふくれて小さなひょうたんになります。

 

雌花が枯れた後

         小さなひょうたん

  

 

 

ひょうたんの思い出

娘が小学校一年生くらいの頃、ある日「ひょうたんを育てたい」と言い出した。学校の授業でひょうたんの話が出てきたらしい。

ひょうたんは食べられない。私は「育てるなら、きゅうりとかナスにしようよ。」と提案したが、娘はどうしてもひょうたんでなければいやだと言う。

「ひょうたんがほしいよー」

娘の熱意に負けて、しかたなしに休みの日、娘を連れて園芸屋さんにひょうたんの苗を探しに行き、なんとか見つけて2~3本購入した。

娘といっしょに庭の隅に植えて、「ちゃんと毎日見てあげるのよ」と言うと、娘はとってもうれしそうに「うん!ちゃんとめんどうみるよ」と言っていた。

 

2・3日後、ひょうたんの苗は少し大きくなったかな?と思って庭を見ると・・・

 

ひょうたんが消えている  1本もない!

 

 

犯人はあの人しかいない・・・

 

私の夫はまめに庭の草取りをしてくれるのだけど、じつは植物音痴で 抜いてもよい草と園芸品種の区別がつかない。花が咲いていればもちろん抜かないけれど、まだ葉っぱだけのときはすべて雑草といっしょに抜かれてしまう確率が高い。

私は何度も「この葉は○○○という花だから抜いてはダメ」「こういう形をした葉は雑草ではないから抜かないでね」などと説明するけれど、すぐに忘れる。

ひょうたんの葉は他の草とはまったく違うし、周囲の土が耕されているので自然に生えた雑草には見えないと思い、彼に説明していなかった。これは私のミスだった。

 

ひょうたんがなくなっていることに娘が気づいたらがっかりするだろうなあ・・・、大切なひょうたんが抜かれて捨てられたことを知ったら子供の純粋な心が傷つくかもしれない・・・なあんて私は心配した。

ところが、娘は何日経ってもひょうたんの話をしない。庭のひょうたんがなくなっていることに気づいてもいないようだ。すでに彼女の中ではひょうたんブームは終わっていた。ひょうたんは彼女の記憶から完全に消えていた。。。

あのひょうたんに対する情熱は何だったの?

 

まあ、いいか。

 

 


今日の蘭と葵

暑かったけれど運動不足ぎみなのでボール投げして遊ばせました。でも、木陰で休んでばかり。

ボール大好きなので休んでいるときもボール放しません。

 

 

 

 

 

 


nice!(20)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

ピンク系の花 and ヒラタアブ [花]

今、うちで咲いているピンク系の花を撮ってみました。

 

ストライプが入ったファレノプシス

うちにあるファレノプシスはほとんどフラスコから出たばかりの小さな苗から育てました。ファレノプシスの種はふつうフラスコに入った寒天培地に蒔きます。苗が少し育ったところでフラスコから出し、ミズゴケに植えかえます。こういう苗はクローン苗(親の組織の一部から培養して育てるもので、親とまったく同じ遺伝子を持つ)とは違って、多様な形質を発現するので大きくなるまでどんな花が咲くのかわかりません。だからとても安い値段で入手できます。こういう苗は洋蘭を専門に栽培されている方からわけてもらえます。

 

  ドットのファレノプシス

 

Lc  Irene Finny 'Z905'

このカトレアはとってもきれいなのに写真がうまく撮れなかったので小さく載せました。

これは20年くらい前に私が初めて買った蘭です。このカトレアを買ったことがきっかけで蘭の花が好きになったので記念すべきカトレアです。

カトレアも普通の花屋さんで売っているようなきれいな花がついているものは買いません。値段高いですから。私はもっぱら苗を購入しますが、カトレアは小さな苗を入手すると花が咲くまでに何年もかかるので大きくなったものを購入します。

このZ905を購入したとき(衝動買い)は花芽付き苗でしたが、いったいどんな花が咲くのかよく知らないで買いました。蘭屋のおじさんが「これは丈夫だよ~。よほどのことがない限り枯れないよ!」と言った言葉を信じて買いましたが、それは本当でした。

カトレアは品種によっては育てにくかったり花が咲きにくかったりしますが、このカトレアはおどろくほど丈夫で必ず毎年花が咲きます。なにしろカトレアを育てるのは初めてだったので、植え替えや株分けで失敗して株を弱らせてしまったり、直射日光で葉が黒く焼けてしまったり、いろいろありましたがそれでも毎年巨大な花を咲かせてきました。

苗から育てると咲いたときの感動が違います。このZ905が初めて咲いたとき、あまりにも花が大きくて立派なのでびっくりでした。それがきっかけで蘭の花が好きになりました。

 

 

バレリーナという名のバラ

 

バレリーナを撮っていたら、たまたまヒラタアブがやってきました。そういえば、今日はヒラタアブをよく見かけます。

 

タイムの花にやってきたヒラタアブ。

この後、私はこのヒラタアブを追いかけました。

タイムを植えた鉢はコデマリの近くに置いてありました。このコデマリにはアブラムシがたくさんついています。ヒラタアブは卵を産みに来たのだとすぐにわかりました。

コデマリの葉にとまったヒラタアブ。

 

産卵シーン。葉の裏に一つずつ産みます。

ヒラタアブの幼虫はこのコデマリの木によく出現しますが、親が産卵しているところは初めて見ました。小さな産みたて卵の写真を撮ったのですが手振れかピンボケでした。

アブラムシには強力なボディーガードの蟻(アブラムシから甘露をもらっています)がついているのでヒラタアブのお母さんはアブラムシのいない葉の裏に卵を産み付けていました。

アブラムシを食べる昆虫というとテントウムシを思い浮かべると思いますが、ヒラタアブやクサカゲロウの幼虫もアブラムシを食べて成長します。それから、アブラムシには小さな小さな寄生蜂がやってきて卵を産み付けます。

うちのコデマリの木は私が面倒臭がって殺虫剤をまかないためにアブラムシを中心とした生態系を観察するのに良い場所となっています

 

 

蘭にピンクの花をつけておしゃれさせてみました。

         

 

 

 

 

 


nice!(14)  コメント(13) 
共通テーマ:ペット

蘭の花 [花]

私は蘭の花が好きで、うちにはカトレアと胡蝶蘭がたくさんあります。

うちのシェパードの蘭は、蘭の花ではなくて「名探偵コナン」に出てくる「毛利 蘭」の「蘭」です。

省エネOR電気代倹約のため温室の設定温度を低くしてあるので胡蝶蘭は春にならないと咲きません。現在冬咲きのカトレアがいくつか咲いてます。

 

ドラムビート・ヘリテッジという強健種

 

サファイアという名のブルー系

 

クールグリーン・アップルソーダという黄緑系

黄色もあります。

 

まだこれからオレンジ系、ピンク系、白など咲く予定。

なぜカトレアが好きかというと私のような不精者でもOKだからです。

よく水遣りを忘れて鉢植えの植物を枯らすのですが、カトレアとか胡蝶蘭はぜんぜん平気です。温度さえ気をつければとっても丈夫で長持ちです。

ちゃんとめんどうみないと花が咲かないのは苦手。同じ蘭科植物でもシンビジュウム、デンドロビウム、パフィオペディラムなどはダメでした。

不精な人にはカトレアがおすすめです。

 

「蘭のはな」の次は「葵のはな」。

         

 

 


nice!(4)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。